40代の理想の睡眠時間は◯時間!質と量から見る適切な睡眠とは?

睡眠時間 理想 40代
Sponsored Link

いつも当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

みんなの睡眠、略して『みんすい』のねるもんです。

今回は40代の理想の睡眠時間は◯時間!質と量から見る適切な睡眠とは?といったテーマでお伝えしていきます。

40代になると若いころに比べて疲れが取れにくくなったり、身体に変化を感じる方も多くなってくると思います。

40代の方の理想の睡眠時間を睡眠の量や質からお伝えしていきます。

どれくらいみんな寝ているのか?

睡眠時間 理想 40代

引用元:http://nemuri-lab.jp/

こちらは2013年にオムロンが行った調査で分かった各世代の平均睡眠時間です。

また、NHKが2015年に行っている国民生活調査では平日の睡眠時間が

  • 40代男性/6時間50分
  • 40代女性/6時間41分

とされており、オムロンの調査と前後があるものの40代は総じて他の年代に比べて睡眠時間が少ないことが統計から分かっています。

全体の平均は

  • 全体/7時間42分
  • 男性/7時間49分
  • 女性/7時間36分

となっています。睡眠時間は40代後半が最も短く、それ以降は増加していきます。

量から見る40代の理想の睡眠時間は?

理想の睡眠時間 リズム

引用元:http://stretchpole-blog.com/

一般的に適切な睡眠時間は6時間〜9時間と言われています。

脳科学的には6時間〜6時間半が理想といった話があったり、一般的には7時間睡眠が理想的と言われているケースがあります。

睡眠時間と死亡リスクの統計に注目すると理想の睡眠が7時間と言われる理由が見えてくると管理人は考えています。

睡眠時間 理想 死亡グラフ

引用元:http://nemuri-lab.jp/

こちらが睡眠時間と死亡リスクの関係性の統計グラフです。

ここからはわかるのは睡眠時間が6.5〜7.4時間睡眠の方の死亡リスクが一番少ないということです。

7時間睡眠が理想と言われるの死亡リスクが低い統計があるからと考えられます。

また4.4時間以下と9.5時間以上の方の死亡リスクが極端に高くなっているので、短すぎず長すぎずが健康を考えるとちょうどいいということです。これは日本だけの統計ではなく米国でも同様の統計が出ています。

一方で誰しもが7時間睡眠がいいということではなく、人それぞれ置かれた環境や体調によって理想の睡眠時間は異なってくるものです。

重要なのは現在の睡眠時間で

  • 目覚めがいいか
  • 日中眠くならないか
  • 元気で過ごせているか

この3つ全てを満たすことができているかどうかです。

睡眠の質を上げるには?

睡眠時間 理想 質

引用元:http://nurse-web.jp/

自分にあった睡眠時間を見つけることは大切ですが、先ほどの3つの条件に当てはまる睡眠時間がなかなか見つからないという方は睡眠の質に問題がある可能性があります。

睡眠の質を上げることができる方法をピックアップしてお伝えします。

睡眠の質を上げる5の方法

考え事をしない

睡眠時間 理想 質

引用元:http://www.lifehacker.jp/

睡眠前に仕事や考えごとをすると脳を刺激してしまい深い眠りに入れない場合があります。

睡眠は脳を休めることが重要な要素の一つになるため脳を働かせたり、5感から強い刺激を受けることがないようにしましょう。

一方で、アロマなど好きな香りを嗅ぐことは睡眠の質を上げる効果があります。

ラベンダーなどリラックスできる香りを嗅ぐことで副交感神経を優位に働かせることができます。副交感神経は体の修復・休息・リラックスの神経です。優位にすることで回復を促します。

部屋の明かりは暗くする

睡眠時間 理想 質

引用元:http://nakanosyoumei.sakura.ne.jp/

就寝1〜2時間前は強い光を避けて間接照明を使って過ごすことで副交感神経を優位にさせましょう。

光の刺激は実は脳に刺激を与えている状態になるため、脳への刺激を弱めることが重要です。

間接照明の明るさとしては20〜30ルクスくらいがおすすめです。

睡眠前に食事・飲酒をしない

睡眠時間 理想 質

引用元:http://josei-bigaku.jp/

睡眠の3時間前には食事・飲酒をしない方が良いとされています。

食事については睡眠中は消化機能が低下するので、食べ物を消化しないで寝ることは体が消化にエネルギーを使うことになり、睡眠自体の質が低下してしまいます。

またアルコールをとって睡眠をすると深いノンレム睡眠に入れず、浅い状態が続くことになるため脳や体が十分に休まらないことになります。

確かにアルコールには催眠作用があるので、入眠時はすっきり眠りにつけると考える方も多いと思いますが、結果として睡眠全体の質を下げることにつながります。

ストレッチをする

睡眠時間 理想 質

引用元:http://www.hama-tsushin.com/627

ストレッチをすることで精神的なリラックス効果や血行促進など体にとって良い効果が多く、睡眠の質を向上させることができます。

それ以外にも、カリフォルニア大学の研究では、脳は睡眠中に毒素を取り除いているとの研究結果があり、血行を促進することでその効果が高められると考えることができます。

お風呂に入って体を温める

睡眠時間 理想 質

引用元:http://iitokoronet.com/

お風呂に入ることでリラックスの神経である副交感神経が優位になります。

それ以外にも人には体温が高い状態から下がると眠くなるといった特性があるため、睡眠前のお風呂には入眠時に良い効果があります。

Sponsored Link

まとめ

睡眠時間 理想 40代

いかがでしたでしょうか。

理想の睡眠時間は人によって異なるものの、死亡リスク、健康リスクを考えると7時間前後が良いという内容やそれ以外にも睡眠時の質が重要という内容でした。

40代は仕事をされている方では、重職について多忙な毎日を送っていたり、主婦の方でもお子さまのことで忙しかったりと何かと疲れがたまったり、睡眠時間が不足しやすい年代であると思いますので質の高い睡眠をとって健康な毎日を過ごす上で役立ちましたら幸いです。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

みんなの睡眠では、質の高い睡眠をとっていただけるように、また睡眠の悩みを解決できるように管理人の経験、知識を元に記事を書いています。

もし、参考になりましたら気軽にいいねやRTでの拡散をお願いします。

Sponsored Link