睡眠時間は5時間でも良いって本当?効率的な睡眠法を紹介!

睡眠時間 5時間 効率的 サムネ
Sponsored Link

 

今回は睡眠時間は5時間でも良いって本当?効率的な睡眠法を紹介!についてお伝えしていきます。

この記事をご覧になっている方の中には寝る間もなく仕事や勉強をしたり、あるいはどうにかして睡眠時間を削ってやりたいことをやる時間を作りたい方も多のではないでしょうか?

健康状態と日中のパフォーマンスを維持しながら効率的に睡眠時間を減らす5時間弱睡眠法についてお伝えしたいと思います。

 

短時間睡眠でも活発に活動していた偉人は?

睡眠時間 5時間 効率的 トーマスエジソン

引用元:http://adhd-guide.info/

睡眠時間の効率化・短時間化を考える上で過去の偉人から学べる部分は多いと思います。

例えば、ナポレオンは3時間、トーマス・エジソンは4時間、レオナルド・ダ・ビンチに至っては90分しか1日睡眠をとらなかったと言われています。

レオナルド・ダ・ビンチの場合は4時間ごとに15分ずつ睡眠をとり、合計で90分の睡眠スケジュールをとって生活をしていましたが、現代社会でモデリングするには社会人や学生の方にとっては困難を極めます。

また、ナポレオンは3時間睡眠にについて取り上げられることが多いですが、ブーリエンヌが書いている記録によれば、実は会議中、移動中と居眠りをしており6〜8時間睡眠していたことが知られています。

そのため、エジソンを例にとって短時間睡眠について考えたいと思います。

エジソンが短時間睡眠でも大丈夫なたった1つの理由

睡眠時間 5時間 効率的 トーマスエジソン

引用元:http://s.eximg.jp/exnews/feed/ItMama/ItMama_64075_2.jpg

エジソンは「4時間以上寝ると気分が悪くなる」といった話を近しい友人に語っていたようですが、エジソンが4時間睡眠でも活動できた理由は昼寝と言われています。

昼寝は時間対疲労回復の効果が高く、近年昼寝の時間を取り入れる企業も出てきているくらいです。

エジソンは目的を達成するための時間を捻出する方法として、短時間睡眠を使い有効な時間を捻出したひとつの成功事例として捉えることができます。

続いて短時間睡眠に昼寝を取り入れた5時間弱睡眠法についてお伝えします。

短時間睡眠は5時間弱睡眠が一番いい理由

睡眠時間 5時間

引用元:http://i.yimg.jp/images/promotion/charger/swf/201112/kakari/g01.gif

睡眠は90分ごとにレム睡眠とノンレム睡眠が繰り替えされ、レム睡眠のときに起きるのが良いとされています。

そのため、日本人の平均的な睡眠時間の7時間半より短い短時間睡眠を実践するのであれば、短すぎる90分を除くと夜の睡眠の選択肢は

  1. 3時間
  2. 4時間半
  3. 6時間

以上の3つがあります。

3時間睡眠は管理人の経験上明らかに日中のパフォーマンスが低下し健康を害します。もちろん「3時間睡眠でも大丈夫そう」「挑戦してみたい」とお考えの方もいるかもしれませんがおすすめはできません。

6時間睡眠についてですが、「そもそも短時間なの?」と感じる方もいるかもしれません。短時間睡眠に挑戦するのであれば、上記のグラフからもわかる通り4時間半までの睡眠が深い睡眠であることがわかります。

そのため、もし短時間睡眠に挑戦するのであれば4時間半、そして昼寝を30分弱加えた計5時間弱睡眠が一番良いと言えるでしょう。

つまり、4時間半+30分弱=5時間弱ということです。

日中働いている方の中には昼に1時間の休憩がある場合が多いと思います。そのうち30分弱を当ててみるといった方法になります。

なぜ昼寝が必要なのか

睡眠時間 5時間 昼寝

引用元:http://www.lifehacker.jp/

単純にパフォーマンスを向上させるためです。

4時間半は効率的に睡眠を削った時間であって睡眠の質によってはパフォーマンスが落ちる可能性もあります。

そのため、昼寝を活用することでパフォーマンスと睡眠時間のバランスをとることが重要です。

驚愕する昼寝の効果

疲労回復

睡眠時間 5時間 昼寝 疲労回復

引用元:https://www.pakutaso.com/

昼寝は夜に熟睡しているときと同じ効果があることがわかっています。

特に疲労回復の効果は睡眠時と比べて3倍程と非常に高いです。

昼寝をされたことがある方は爽やかな状態で午後の仕事に臨めたことを大変している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

記憶力を高める

睡眠時間 5時間 昼寝 記憶力

引用元:http://www.lifehacker.jp/

睡眠不足のパフォーマンス低下の1つに記憶力の低下があります。

アメリカの大学では研究が行われており、昼寝をするグループの方がテストの正解率が良かったという実験結果もあります。

脳は睡眠中に情報の整理をしているので、昼寝が睡眠のように作用し正解率が良かったと考えられます。

ストレス解消

睡眠時間 5時間 昼寝 ストレス解消

引用元:http://www.lifehacker.jp/

睡眠と同様に昼寝によって脳は外部からの情報が遮断された休憩状態になることができます。

これによって脳がリフレッシュされるため、ストレスが軽減されることがわかっています。

昼寝の注意点

睡眠時間 5時間 昼寝 注意点

引用元:http://point-g.rakuten.co.jp/

効率のいい昼寝ですが、注意するポイントがあります。

それは、30分以上昼寝しないことです。

30分以上寝てしまうと脳がレム睡眠に入ってしまい目覚めるまで時間がかかってしまいます。30分弱の昼寝とお伝えしているのはそのためです。

また、昼寝の効果が現れるのは10分を過ぎてからとされているので、10分以上30分弱の昼寝を心掛けましょう。

Sponsored Link

まとめ

睡眠時間 5時間 効率的 まとめ

引用元:http://teracotta.xsrv.jp/

いかがでしたでしょうか。

当サイトでは短時間睡眠を推奨しているわけではありませんが、ここが人生の頑張りどきと感じる時期に差し掛かっている方や仕事などが忙しく時間がない方のご参考になれば幸いです。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

みんなの睡眠では、質の高い睡眠をとっていただけるように、また睡眠の悩みを解決できるように管理人の経験、知識を元に記事を書いています。

もし、参考になりましたら気軽にいいねやRTでの拡散をお願いします。

Sponsored Link