睡眠時無呼吸症候群の症状と原因!今すぐできる5つの予防法

睡眠時無呼吸症候群 原因 予防法
Sponsored Link

いつも当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

みんなの睡眠、略して『みんすい』のさおとめんです。

  • 「寝苦しい」
  • 「疲れがとれない」

そんな症状に悩まされていませんか?

もしかするとあなたは睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

睡眠の役割は脳と体を休めること。

無呼吸によって酸素が減ると体は心拍数を上げて負担を減らそうとします。

これにより本来休むはずの体に多大な負担がかかり、脳と体が休まりません

正常な生活をおくる上で様々な悪影響が出るため、早く原因を突き止め回避しなくてはなりません。

今回は睡眠時無呼吸症候群の症状や原因と予防方法についてお伝えしていきます。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群 原因 予防法引用元:http://venustap.jp/archives/1597750

睡眠時無呼吸症候群は英語で「Sleep Apnea Syndrome」といい睡眠時に呼吸が止まる病気のことです。

一般的に上記の頭文字をとって『SAS(サス)』と呼ばれています。

医学的な定義では10秒以上気道の空気の流れが止まった状態が続くことを無呼吸と定義しており、一晩で30回以上か1時間の間に5回以上あると睡眠時無呼吸症候群と診断されることとなります。

寝ている間はもちろん無意識ですので、家族がいる方でないと気づくことができません。

睡眠時無呼吸症候群は日中の活動に多大な影響を与えますので、確りと症状を理解して心当たりがある場合は早いうちに専門医を受診することをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状は?

睡眠時無呼吸症候群 症状引用元:http://geinou-ura.com/archives/9997

代表的な症状ですが、

寝ているとき

  • いびきをする
  • いびきが止まった後に再び呼吸といびきをする
  • 呼吸が止まる
  • 息苦しい感じがある
  • 咳き込む
  • 目が何度も醒めてしまう

以上のような症状があります。

日中の症状としては、

  • 強い眠気を感じる
  • だるい
  • 集中できない
  • 疲労感が強い

以上のような症状があります。

そして、起床時の症状としては、

  • 頭痛がする
  • すっきりと目覚めることができない
  • 体が重い

などの症状があります。

これらの症状に思い当たる節があれば睡眠時無呼吸症候群を疑い、専門医を受診しましょう。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群 原因引用元:http://matome.naver.jp/odai/2141777112548409101

睡眠時無呼吸症候群が起こる場合、

  • 気道が物理的に狭くなる
  • 呼吸中枢に異常がある

といった2タイプがあります。

気道が物理的に狭くなる方は全体の9割ほどと言われ原因は、

  • 首やのどの脂肪が多い
  • 扁桃腺が大きい
  • 舌の付け根、のどちんこなどで塞いでしまう

などのパターンがあります。

そのため、大きな原因でいうと骨格が原因とされています。

呼吸中枢に異常がある方の原因は、様々あると言われておりますが、心臓の機能が低下している方の3〜4割がこのパターンであるとされています。

睡眠時無呼吸症候群の5つの予防法

運動する

睡眠時無呼吸症候群 予防法 運動引用元:http://bicycle-online.com/

睡眠時無呼吸症候群の原因の一つに肥満による脂肪が首回りにつきすぎることがあります。

骨格が気道を確保できるように大きければいいのですが、そうでない場合にはSASの原因になる可能性があるため、要注意です。

どのような病気にも言えることですが、太りすぎは万病の元になります。

寝酒を控える

睡眠時無呼吸症候群 予防法 禁酒引用元:http://fusui-do.com/kenkou-3toire-ng.htm

お酒を飲んだ日はいびきがうるさいと言われた経験はありませんか?

いびきがお酒を飲んだ日にでてしまう原因はアルコールで筋肉がたるむため気道が狭くなります。これがいびきの原因です。

睡眠で緩んでいる筋肉がさらにアルコールが原因でたるむことによって気道がふさがれる原因にもなりかねません。

また、それだけでなくアルコールは睡眠が浅くなる原因になり、睡眠の質を落とす原因にもなりますので寝酒は控えるようにしましょう。

鼻呼吸をする

睡眠時無呼吸症候群 予防法 鼻呼引用元:http://ifiamforeigntravelerjapan.com/purpose/

鼻呼吸でなくて口呼吸をすると咽頭(のどちんこの後ろにある空気等が通るスペース)が狭くなります。

そのため、SASが鼻呼吸より起こりやすい状態にあると言えます。

アレルギー性鼻炎などの症状がある場合鼻呼吸でなく口呼吸になると思います(管理人もアレルギー性鼻炎です)

口呼吸をしている方は一度耳鼻咽喉科の受診をされるといいと思います。

睡眠薬の服用に注意する

睡眠時無呼吸症候群 予防法 睡眠薬引用元:https://medley.life/news/item/555302dca6b1aa1a018f885a

睡眠薬は睡眠時無呼吸症候群の症状を引き起こす可能性があるとされています。

症状に心当たりがある場合は一度お医者さんと相談しましょう。

横向きで寝る

睡眠時無呼吸症候群 予防法 横向き引用元:http://radical-everyday.com/

横向きで寝るほうが気道の確保ができる場合があります。

そのため、症状に心当たりのある方や心配な方は一度横向きで寝てみて翌日の朝や日中が仰向けで寝たときに比べてどうだったか検証してみましょう。

Sponsored Link

まとめ

睡眠時無呼吸症候群 原因 予防法引用元:http://www.gizmodo.jp/2014/03/post_14231.html

いかがでしたでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群の原因は主に2つあること予防法については

  1. 運動する
  2. 寝酒を控える
  3. 睡眠薬の服用に注意する
  4. 鼻呼吸をする
  5. 横向きで寝る

といった5つの方法があることを紹介させていただきました。

症状に心当たりのある方は、一度受診しましょう。

睡眠は大切なあなたの人生を支えるファクターの一つです。

質の高い睡眠をとることで少しでも人生が豊かになることを願っています。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

みんなの睡眠では、質の高い睡眠をとっていただけるように、また睡眠の悩みを解決できるように管理人の経験、知識を元に記事を書いています。

もし、参考になりましたら気軽にいいねやRTでの拡散をお願いします。

Sponsored Link