ルイボスティーが睡眠に影響するってホント?安眠効果で不眠解消しよう!

ルイボスティー 睡眠 影響 ホント 安眠効果 不眠
Sponsored Link

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

みんなの睡眠、略して『みんすい』のねるもんです。

 

ルイボスティーというと、ひと昔前からアンチエイジングをはじめとした女性に嬉しい効果が期待できると注目されているお茶です。

 

紅茶のクセを無くしたような飲みやすい味で、あまり苦手だという人もいないのではないでしょうか。

南アフリカ原産で、現地では不老長寿の妙薬としてルイボスティーが飲まれています。

 

ルイボスティーといえばやはり美容面などに良いというイメージが強いですが、実は睡眠にも良い影響を与えることがわかったのです。

毎日安眠できるように、ルイボスティーの不眠解消をする働きを最大限活用できるように今回は情報をお届けしていきます。

 

また私自身がルイボスティーを飲んで感じた、睡眠への効果など感想も同時にお話ししますので、参考にしてみて下さい。

 

ルイボスティーが睡眠におすすめの3つの理由

ルイボスティー 睡眠 影響 ホント 安眠効果 不眠

ルイボスティーが睡眠に良い影響を与えるというのは、初めて知ったという人が多いと思います。

でも実は、きちんとルイボスティーをおすすめできる理由が3つあるのです。

 

安眠を誘う成分

ルイボスティーには強力な抗酸化作用のある植物由来の色素、フラボノイドが豊富に存在します。

このフラボノイドの種類に安眠を誘う成分が含まれているのですが、そのうちの2種類が安眠を誘う成分だと言われているのです。

 

  • ビテキシン
  • イソビテキシン

このふたつのフラボノイドはリラックス効果が高く、睡眠に良い影響を与えます。

不安感や緊張感を取り去ってくれて、心地よく睡眠に入ることができるということなのです。

フラボノイド自体は安眠を誘う他に、老化防止やアンチエイジングによる美肌効果など様々な体に良い効果があります。

 

体を温める

ルイボスティーを飲むことで体を内臓から温めていくことができ、リラックス効果から良質な睡眠へと導くのです。

またルイボスティーにはミネラルが非常に多く含まれているのですが、ミネラルを代謝するときに熱が生み出されます。

このことでより体が温まりやすくなり、自然とリラックスしてきて安眠効果が期待できるのです。

 

カフェインフリー

ルイボスティーはお茶ですが、紅茶や緑茶と違ってカフェインが含まれていません。

カフェインは覚醒作用があるので、不眠症状を引き起こす睡眠の敵なのです。

 

なかなかルイボスティーのようなカフェインフリーの、不眠解消の効果が期待できる飲み物って水以外無いのでこれはありがたいですよね。

カフェインが入っていないので子どもでも安心して飲むことができるのも、嬉しいポイントです。

 

ルイボスティーのよくある質問と効果的な飲み方

ルイボスティー 睡眠 影響 ホント 安眠効果 不眠

ルイボスティーが睡眠に良い影響を与えるということがわかったところで、どのようにして飲めば良いのかという疑問が浮かびます。

そこで、よくある質問形式にしてルイボスティーの安眠に効果的な飲み方をご紹介します。

 

煮出し方はどうするの?

ルイボスティーの栄養成分を余すところなく抽出するには、10分間煮出してから火を止めるのがおすすめです。

火を止めて少し冷ましている間も、ルイボスティーのパックを入れたままにしておくことでより栄養成分が引き出されます。

パックを入れたままにしても、苦くなったり飲みにくくなったりすることはあまり無いので安心してくださいね。

 

どれくらいの量飲んだら良い?

中にはたくさん飲んでいる人もいるようですが、1日あたりに500mlの量で十分だと思います。

これはルイボスティーに含まれるミネラルの過剰摂取を心配してのことで、ミネラルの一部が心臓に与える負担を抑えるためです。

いくら健康に良くて不眠症状に良いからといって、飲み過ぎるのは良くないということですね。

 

いつのタイミングで飲んだら良い?

おすすめは夜と寝る前の2回に分けて飲むことで、夜に自律神経でリラックスを司る副交感神経を優位に立たせることができます。

大きめのコップに入れて1杯ずつ、しっかり毎日続けていくことが大切です。

基本的には体を温めてリラックスすることで不眠を解消したいので、温かい状態にして飲むのが良いでしょう。

 

より効果的なアレンジはある?

冷えが強くてなかなか寝付けない人は、冷え性を改善する効果が期待できる生姜のすりおろしをルイボスティーに混ぜるのがおすすめです。

一時期流行った生姜紅茶のようなイメージですが、よりクセがないので飲みやすいと思います。

 

私も冷えが強くて不眠を訴えることが多いので、生姜のすりおろしを入れるようにしています。

チューブで十分なので、冷蔵庫に常備しておきたいですね。

 

ルイボスティーは妊娠中や授乳中でも飲める?

ルイボスティー 睡眠 影響 ホント 安眠効果 不眠

ルイボスティーはカフェインフリーのお茶なので、妊娠中や授乳中でも安心して飲むことができます。

カフェインは妊娠中にたくさん飲むと流産の原因になったり、胎児の発育不良になったりして悪影響が出てくるのです。

 

また授乳中に摂りすぎると、興奮作用のあるカフェインの成分が直接母乳に移行してしまいます。

赤ちゃんはカフェインの分解能力が低いので、不眠症状が出たり興奮状態になったりすることがあります。

その点ルイボスティーはそういった心配はないので妊婦さんや授乳中のお母さん、そして小さい子どもみんなが安心して飲めるのです。

 

ルイボスティーを飲むのに注意した方が良い人とは?

ルイボスティー 睡眠 影響 ホント 安眠効果 不眠

ここまでお話ししてくると、良いことばかりのお茶だと思われるルイボスティーなのですが、中には飲むのに注意した方が良い人もいます。

では、一体どんな人がルイボスティーを飲む際に気をつけた方が良い人なのでしょうか。

 

お腹の弱い人

ルイボスティーにはミネラルのマグネシウムが豊富に含まれているため、お腹がゆるくなりやすいと言われています。

元からお腹を壊しやすい人や下痢気味の人がルイボスティーを飲むことで、より症状が悪化する可能性があります。

夜中にトイレに行きたくなっては、安眠どころではないですからね。

体調と相談しながら量を加減するなど、工夫していきましょう。

 

妊娠を希望している人

実はルイボスティーには、緑茶でもおなじみの抗酸化作用のあるカテキンがたくさん含まれています。

カテキンは妊活中に摂りたい栄養素の葉酸を破壊してしまうので、妊娠した時に胎児の細胞分裂がうまくいかずに流産してしまう可能性が出てきます。

特に妊活中から妊娠初期にかけては、ルイボスティーは少量に抑えるか控えるようにしましょう。

 

貧血の人

ルイボスティーには少量ではありますが、タンニンという成分が含まれています。

タンニンは貧血を予防する鉄分の吸収を妨げるので、少量といえど貧血のある人はルイボスティーを避けるようにします。

または食事の前後に飲まないようにして、2時間は間を置くなど飲むタイミングを工夫していく必要があります。

 

今忙しい人

今現在、仕事が忙しくてゆっくり休んでいられない!という人にはルイボスティーはあまりオススメできません。

なぜなら、ルイボスティーは安眠に良いくらいリラックス効果が高いからなのです。

 

脳が興奮して自律神経の交感神経が優位に立たなければならないシーンで、リラックスしてしまうとうまく頭が回転しなくなってきてしまいます。

ルイボスティーを飲むのはほっと一息できる時や、寝る前などにしておきましょう。

 

ルイボスティーを飲んでみての感想

ルイボスティー 睡眠 影響 ホント 安眠効果 不眠

私自身、ルイボスティーが不眠症状を解消するとのことで、その他の美容効果も期待して2年ほど前から飲み始めました。

それまで紅茶が大好きだったのですが、何せカフェインが強いので夜に飲むことができず…。

 

かといって麦茶は体を冷やすということで、冷え性の私には向かなかったのです。

何か紅茶に代わって飲むことができる、体を温めるカフェインフリーの飲み物はないのか?と探していた時にルイボスティーに出逢いました。

そこでルイボスティーを実際飲んでの感想を、ふたつにわけてご紹介します。

 

飲み心地はどんな感じ?

特にブレンドされていないスタンダードなルイボスティーは、クセが少ないのでとても飲みやすかったです。

紅茶とウーロン茶を足して2で割ったような味をしていて、ついゴクゴク飲んでしまえるようなスッキリした飲み口です。

私は不眠を解消したかったので、夕方のほっと一息タイムと、夜寝る前に飲むようにしていました。

いずれも体の冷えが気になったので、温かい状態で生姜のすりおろしを混ぜて飲んでいました。

 

飲んでから不眠は解消した?

ルイボスティーを飲み始めてから2週間が経過した頃、ガタガタだった自律神経のバランスが整ってきたなと感じてきました。

今までは夜になると目が冴えてしまい不眠の症状があったのですが、夕方にルイボスティーを飲むようにしてから夜に自然と眠気が来るようになったのです。

ルイボスティーとともにストレッチをしたり寝る前にスマホを見ないようにしたり、様々な工夫をしていって1ヶ月ほどで不眠が解消してきました。

 

薬などに頼ることなく、ルイボスティーで美味しく安眠できるのはとても嬉しかったです。

睡眠の質が改善されてきたことで、肌の調子もかなり良くなったので結果的に美肌効果にもつながったところもポイントですね。

結果的にルイボスティーを飲み続けて、睡眠に良い影響を感じることができたので大正解でした!

 

おすすめのルイボスティー

おすすめのルイボスティーはティーライフ株式会社のルイボスティー。

970円で21日分お試しできるので、1日あたり約46円です!

  • 30日間返品・返金保証
  • 送料無料

で、返品送料も負担してくれるので、安心してお試しできる会社さんです。

1日約46円で質のいい睡眠が手に入るのであれば、かなり安いんじゃないかなって思います。

美容と睡眠にお悩み方はぜひ私が体験したように質のいい睡眠を手に入れてみて下さい。

 

ルイボスティーを試してみる

 

まとめ

ルイボスティー 睡眠 影響 ホント 安眠効果 不眠

私が不眠解消のために飲んでいるルイボスティーについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ルイボスティーは2種類のフラボノイドのおかげでリラックス効果を得ることができ、さらにミネラルによる熱エネルギーの生産によって体を温める効果が期待できるのです。

そのため自然に安眠へと導くことができるので、体に負担をかけずに睡眠の質を高めていけます。

飲み方も10分煮出して、ホットで夕方〜夜寝る前にかけて2回に分けて500ml飲むようにするのがベストです。

妊娠中や授乳中の女性、そして小さい子どもも安心して飲むことができるルイボスティー、是非安眠のために飲んで見てくださいね。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

みんなの睡眠では、質の高い睡眠をとっていただけるように、また睡眠の悩みを解決できるように睡眠障害や睡眠についての経験、知識を元に記事を書いています。

もし、参考になりましたら気軽にいいねやRTでの拡散をお願いします。

Sponsored Link