ホメオスタシスとは?メカニズムの具体例やストレス、代謝との関係性

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧 太らない
Sponsored Link

いつも当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

みんなの睡眠、略して『みんすい』のねるもんです。

皆さんは『ホメオスタシス』という言葉を聞いたことがありますか?

このホメオスタシス、実は私たちの身体にとって欠かすことのできない機能なのです。

  • 「風邪でもないのに体の調子が悪い」
  • 「ダイエットの停滞期に悩んでいる」
  • 「肌荒れが気になる」

などのお悩みを抱えているみなさま。

もしかすると、ホメオスタシスが正常に働いていないことが原因かもしれません。

今回は、そんなホメオスタシスと私たちとの関係、その仕組みや役割についてをご紹介します。

Sponsored Link

ホメオスタシスとは

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧 太らない

ホメオスタシスというのは、「生体恒常性」と呼ばれている機能です。

人間の身体は、温度や湿度など様々な変化が常に起こっています。

その変化に対して、身体の状態を一定に保つために体内で調節をしてくれているのが、ホメオスタシスです。

ホメオスタシスは睡眠の質を自動的にコントロールしてくれる機能があり、短時間の睡眠の場合でも効率よく脳や身体を休ませるように働いてくれる機能があります。

サーカディアンリズムとともに睡眠をコントロールする重要な役割を担っています。

サーカディアンリズムについてはこちらをご覧下さい

サーカディアンリズムと睡眠障害!早朝ピークのコルチゾールが重要!

2016.11.13

ホメオスタシス=維持をする機能

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧 太らない

ホメオスタシスは、気温や湿度の変化に応じて働きます。

体温や血流量などといった身体の免疫系や内分泌系を、外部環境に応じて一定範に保つための役割を持っているのです。

また、外部環境だけではなく、空腹時や喉が渇いた時に身体に変化をもたらすのも、このホメオスタシスです。

空腹時にお腹が鳴ったり、喉がカラカラになることがありませんか?

あの現象も、ホメオスタシスが身体に働きかけて起こる現象の一つなのです。

ホメオスタシスは、身体に色々なサインを出してくれる「体内の調整役」として、私たちをサポートしてくれているのです。

 

ホメオスタシスとストレス

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧 太らない

ホメオスタシスによって私たちの身体が一定の状態に保たれ、健康が維持できていることはお分かりいただけましたか?

外部環境以外にも私たちの健康の妨げになるものがあります。

それは、ストレスです。

 

ストレスは、私たちの健康を維持するためには良くないものです。

ストレスにさらされ続けると、心だけではなく身体にも大きな影響を及ぼします。

不安な事や悩み事があって食欲が出ないことや、眠りにつけないことなど・・・ご経験ありませんか?

ストレスで生じたダメージから身体を守る働きも、ホメオスタシスによるものなのです。

 

  • 不安
  • 緊張
  • 恐怖

などといったストレスは、自律神経のバランスが乱れる要因になります。

その自律神経が乱れてしまうと、身体の免疫系や内分泌系に影響してしまいます。

その結果、ホメオスタシスがうまく機能しなくなってしまい、身体に不調を引き起こすことにつながってしまうのです。

 

今までなんとなく、「ストレスは身体に悪いもの」という認識はありましたが、このような関係性があったのですね。

では、具体的にどのような影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

 

ホメオスタシスが維持できないことで起こる具体例

今まで自分が当然の事だと思っていたことに対して、反対の考え方が現れた時、不安な気持ちになったことはありませんか?

身体も心と同じように、突然の変化を嫌います。

心に突然の変化があった時、それを「異常事態」だと判断し、私たちは不安を覚えるのです。

その不安を感じた時に、自分の心を守ろうとするのが「心のホメオスタシス」です。

例えば、「今の自分じゃダメだ。変わらなければ」と頭で分かっているのに、本能では不安やストレスを感じて拒絶してしまう、ということが起こります。

変わろうとすることで心のバランスが崩れた状態を、元に戻そうと自然と働いているのです。

 

ホメオスタシスがストレスで機能不全を起こすことも・・・

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧 太らない

ホメオスタシスは、機能不全に陥ってしまうことがあります。

いわゆる「自律神経失調症」の状態です。

極度のストレスにさらされ続けること起こってしまうのです。

 

自律神経失調症とは

私たちが健康でいられるのは、自然治癒力が備わっているおかげです。

治療や薬も健康をサポートしてくれますが、薬が効果を発揮するのは、成分を有効に働かせることのできる「体」があるからこそなのです。

自然治癒力は

  • 自律神経
  • 免疫系
  • 内分泌系

の3つが働きかけて成されています。

それらがホメオスタシスもコントロールしています。

それ故に、全身の安定を保ってきたホメオスタシスが機能不全を起こすことで、様々なところで異常をきたし始めてしまいます。

そうなると、今まで正常に働いていた機能が低下してしまい、様々な身体症状として表れ始めます。

そうした機能不全の代表的な症状を「自律神経失調症」と言います。

 

自律神経失調症でホメオスタシスが機能しないと血圧などにも影響が・・・

自律神経失調症に至るまでの3段階が、カナダの生理学者セリエ博士によって発表されています。

第1期(警告反応期)
備えのない時に突然ストレスにさらされた場合の反応で、血圧や体温・血糖値が下がり胃に貧血が現れたりする。胃や十二指腸に潰瘍が現れたりする。

第2期(抵抗期)
更にストレスが持続した時、ストレスに対して身体の機能を活性化して抵抗しようとする。交感神経の活性化でアドレナリンなどの分泌が増え、血圧・心拍など増加。疲労感・興奮・脱力感を繰り返す。

第3期(疲憊期)
抵抗期以上にストレスが強すぎたり長期に渡った時、抵抗力が弱まり消耗してしまいます。血圧・体温・血糖値などは下がり、副腎皮質の機能低下を起こす。

ストレスを全て回避することは難しいですが、程よく休憩しながら頑張るということが、何より大切なことだと思います。

 

ホメオスタシスと心理学

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧

ホメオスタシスが心にも関係があることはお分かりいただけましたか?

その他にも、ホメオスタシスは心理学とも深い関わりがあることが判明しています。

 

苦手意識とホメオスタシスの関係

心の変化に対しても働くホメオスタシスですが、新しい人や出来事に出会った時にも拒否反応が働きやすくなります。

そして、その対象が自分の価値観と異なった時に、更に心が異常事態と判断します。

それが「苦手意識」です。

「人が苦手」と思っていれば尚更、ホメオスタシスが働きます。

「自分なんか・・・」「馬鹿にされる」などの恐怖心や自信喪失などを感じることもあるのです。

 

すべての人が自分と同じ価値観を持っているわけではありません。

それは家族でも、友達や恋人でもそうですよね。

もしもあなたが、「人に対して苦手と思ってしまうのは、自分の性格が悪いせいだ」とお悩みでしたら、安心してください。

苦手な人や価値観の違う人に対して苦手意識を感じることは、ホメオスタシスとしては正常な働きです。

あなただけではなく、誰しもが同じ気持ちを持っているのです。

 

ホメオスタシスで良好な対人関係が築ける?

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧

そんなホメオスタシスですが、実は対人関係において素敵な役割を果たしてくれています。

ホメオスタシスは、他人と同調する効果を持っているのです。

その同調効果によって、良好な対人関係を助けてくれていると考えられています。

ホメオスタシスの働きにより、私たちの身体や心が維持されていることはご説明しましたね。

そんなホメオスタシスのもたらす生活リズムや価値観が、一致する相手が存在します。

話すタイミングや動作が人と同じだった経験はありませんか?

それが「ホメオスタシスが同調した状態」です。

 

同調効果で対人関係をサポート

このホメオスタシスの同調を活かして、対人関係を良好にすることができます。

心理学を参考にすると、徐々にホメオスタシスの同調を作り出すことができると言われているのです。

 

一番手軽な方法は、「単純接触効果」です。

これは、くり返し接触することで相手からの好感度が上昇するという心理操作術の一つです。

男女関係において、ボディタッチが有効といった話を耳にしたことがあると思います。

それも、このホメオスタシスの同調を活用した心理操作なのです。

さり気なく同じことを繰り返すということで、相手に強い印象が刻まれていくのです。

 

その結果、ホメオスタシスの同調を作り出すことができ、良好な対人関係を作ることができる、というわけです。

他にも、仕草を真似ることや相手と同じ発言を繰り返すことで、ホメオスタシスの同調を作り出すことができると言われています。

人間関係を築きあげていくことって、意外と難しいことが多いですよね。

このホメオスタシスの同調を知っておくと、何かのお役に立つかもしれません。

 

ホメオスタシスとダイエットや代謝

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧

ダイエットをしている人には必ず訪れる「停滞期」というものがあります。

実は、この停滞期もホメオスタシスの働きによるものなのです。

 

ダイエットで頭を悩ます「停滞期」

体重の5%程度は落ちると、ホメオスタシスが働き始めます。

それが、いわゆる「停滞期」と呼ばれるものです。

 

ホメオスタシスは、身体の状態を保とうとする働きをすることはお話ししましたね。

突然摂取カロリーが減ったり体重が減ったりすると、身体が「飢餓状態」と勘違いしてしまうのです。

 

そうした影響が、なかなか体重が減らない「停滞期」という現象を引き起こす要因です。

停滞期を上手に回避するには、この時期に少しだけバランスの良い食事を取ることが有効です。

そうすることで、ホメオスタシスが勘違いを起こすことを防ぐことができます。

 

無理のないダイエットを

ダイエット中に停滞期が訪れると、挫折しそうになりますよね。

ですが、停滞期が来たということはホメオスタシスが正しく働いてくれているということです。

健康的にダイエットに取り組むことが出来ているという証拠でもあります。

無理をせずに、上手に停滞期を乗り切れると良いですね。

 

スキンホメオスタシス

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧

身体や心にも関係があるホメオスタシスは、肌にも同様な働きをしてくれています。

上記でご説明したように自然治癒力が低下してしまうと、肌荒れやニキビ・吹き出物といったトラブルが起こる原因になります。

 

肌トラブルを回避するために

肌のトラブルを引き起こさないために大切なことは、身体や心を守るために必要な事と同じです。

「規則正しい生活」「バランスの良い食事」「ストレスのない生活」などといった、基本的な事が大切になってきます。

Sponsored Link

まとめ

ホメオスタシスとは メカニズム 具体例 ストレス代謝 血圧

いかがでしたか?

ホメオスタシスは私たちの身体や心に欠かせないものだという事が、お分かりいただけましたでしょうか。

体の健康と心の健康、どちらも第一にして毎日を過ごせると良いですよね。

また、心理学としてのホメオスタシスの効果も、実生活に活かせる有効的な内容でしたね。

人間関係でお悩みの方は、活用されてみるのも良いのではないでしょうか?

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

みんなの睡眠では、質の高い睡眠をとっていただけるように、また睡眠の悩みを解決できるように経験、知識を元に記事を書いています。

もし、参考になりましたら気軽にいいねやRTでの拡散をお願いします。

Sponsored Link
Sponsored Link