脚に不快感!むずむず脚症候群の原因や症状、対処法とは?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法
Sponsored Link

日中活動しているときは何ともないのに、じっとしているときや布団に入ると途端に脚に違和感が出てくること、ありませんか?

皮膚が痒いわけではない、でも脚の奥の方に痛みがあったり何とも言えない不快感があったりする…。

それは、もしかするとむずむず脚症候群』かもしれません。

何だか聞きなれない病気ですが、症状により不眠を引き起こすことが多い厄介なものなのです。

そこで今回は、そんなむずむず脚症候群について多くの人が知りたい原因や症状、なりやすい人などを詳しく説明していきます。

 

むずむず脚症候群の原因とは?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

むずむず脚症候群は、実は脚に原因があるわけではなく神経に原因があることがわかっています。

しかし、ハッキリとコレ!といった原因がまだ解明されていないのが現状なのです。

そこで研究の結果、有力と考えられる原因について主に4つ説明していきます。

 

遺伝性

突発的にむずむず脚症候群を発症した45歳以下の人は、実は家族の中にむずむず脚症候群を発症している人が6割もいることが睡眠専門医の研究で明らかになっています。

ただ、一体どの遺伝子がむずむず脚症候群を引き起こしているのかはまだ解明されていないのです。

 

鉄分不足

鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血となり、神経伝達物質であるドーパミンが正常に分泌されなくなってしまいます。

ドーパミンというのは、体に感じた痛みなどを伝える大切な役割をするものです。

これがうまく分泌されないと体への神経伝達にエラーを起こして、それがむずむず脚症候群の違和感や不快感として症状が出てしまうのです。

 

抗うつ薬の副作用

抗うつ薬は、むずむず脚症候群の原因のひとつとされているドーパミンに直接作用するものではありません。

しかし抗うつ薬は、他の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどに影響を与えます。

そのため脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることで、何らかの悪影響が出てくるのではないかと言われています。

 

腎不全やパーキンソン病などの病気

腎不全などの腎臓疾患を持っていて、人工透析を受けている人のむずむず脚症候群の罹患率は2割以上と高い比率になっています。

また一部の研究者の間では、パーキンソン病の初期症状としてむずむず脚症候群が出てくるのではないかと考えられています。

こうした持病が関係していることも、原因のひとつとしてあるということですね。

 

むずむず脚症候群の症状について

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

それでは、むずむず脚症候群の症状の特徴についてみていきましょう。

 

症状が出る時間帯は?

夕方4時くらいから夜の時間帯になると、脚の不快感が出てきてじっとしていられなくなります。

そんなときはとにかく歩き回って、症状が治まるのを待つということが多くなります。

 

脚がとにかく気持ち悪い!

脚の不快感は、患者さんからすると言葉にできないくらい気持ちが悪いと聞きます。

  • 虫が這っているような感覚
  • ピクピクと動くような感覚

だったりと様々です。

 

心を病んでしまうことも…

酷い症状によって「またむずむず脚症候群の症状が出たらどうしよう」という強い不安感から、心の病になってしまう人も少なくありません。

 

慢性的な睡眠不足になる

夜寝る時間になると決まって出てくる、むずむず脚症候群の症状。

こうなるとなかなか寝付くこともできず、途中で目が覚めてしまうこともあるため慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。

このように、むずむず脚症候群は症状が起こる夕方から夜以外の日中での活動にも支障をきたしてしまうことが多いのです。

 

むずむず脚症候群は子供もなるの?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

10歳以下の子供がむずむず脚症候群になってしまった場合、なんと8割以上が両親のどちらかがむずむず脚症候群だという研究結果があります。

どの遺伝子がむずむず脚症候群を引き起こしているのかがわかれば、子供の症状は劇的に改善するということで、今も研究が進められているのです。

また子供の脚がむずむずしてじっとしていられないという症状は、発達障害のひとつである「ADHD(注意欠如・多動性障害)」と間違えられやすい特徴があります。

 

子供はまだ自分の体に起きている症状を、細かくわかりやすく説明することはできません。

そのために、じっとしていられないのはADHDが原因であると誤診されてしまうことも多いのです。

またADHDとむずむず脚症候群は同時に起こることも少なくないので、医師としてもなかなか診断するのが難しいのです。

 

むずむず脚症候群は妊婦に多い?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

2003年に、妊婦さん16000名を対象とした妊娠中のむずむず脚症候群との関連性を調べるテストをおこないました。

結果的には、約2割もの女性にむずむず脚症候群の症状が見られたのです。

突発的なむずむず脚症候群の発症率は5%と言われていますから、妊娠中は20%になるということでかなり確率が上がるのがわかります。

ではなぜ妊婦さんはむずむず脚症候群になりやすいのかというと、主に2つの原因があります。

 

妊娠中は鉄分不足になりやすい

妊娠中は胎盤を通してお腹の赤ちゃんへ常に血液を送っています。

これにより、酸素や栄養を血液に乗せて送ることができているのです。

しかし、そうなると当の妊婦さんは鉄欠乏性貧血になりやすい状態となります。

そのため鉄不足によるドーパミン分泌がうまくいかない状態となり、むずむず脚症候群を発症してしまうのです。

 

せき髄を圧迫されてしまう

お腹が大きくなるにつれ、赤ちゃんの重みでせき髄が圧迫されていきます。

詳しいことはまだ解明されていないのですが、このせき髄の圧迫によってむずむず脚症候群が誘発されるとも言われています。

この原因で発症した場合には、出産を終えればせき髄の圧迫から解放されますので症状が治ります。

そのため妊娠中の一時的な症状として、少しの間我慢することも必要なのです。

 

むずむず脚症候群は何科を受診したらいい?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

では、むずむず脚症候群が気になるときは何科を受診するのが良いのでしょうか。

ベストなのはあらゆる睡眠障害に精通している睡眠障害専門医のいるクリニックや睡眠外来です。

しかしこうした専門医のいるクリニックは全国に100ほどで、さらに都市部に集中していることからかなり少ないのでなかなか地方などだと通うことが困難になります。

その他だと、精神科や神経内科で診てもらうのが一般的です。

クリニックのホームページなどを見て、むずむず脚症候群について記載されている場合は医師に知識があるという証拠です。

このような場合には、適切な検査や薬の処方をしてくれる場合が多いので、事前に確認するようにしましょう。

 

むずむず脚症候群の治療薬とは?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

むずむず脚症候群と診断された場合、症状を抑えるための薬が処方されます。

薬を飲むことで、患者の8~9割が日常生活を通常通り送ることができるようになります。

それぞれ効果も副作用も異なりますので、主に使われている3種類の薬について説明していきます。

 

ドーパミン受容体作用薬

分泌されたドーパミンを、しっかり伝達するのを助ける働きがあります。

むずむず脚症候群の第一選択薬となるのがビ・シフロールという薬です。

最近では貼り薬の「ニュープロパッチ」という新薬が登場しましたが、まだ薬価が高いので第一選択薬とはいかないケースがほとんどです。

副作用としては吐き気などの消化器症状が主ですが、ごくまれに何の前触れもなく突然寝てしまうという副作用が出現することがあります。

服用中の車の運転などは、万が一のためにも絶対にやめましょう。

 

ドーパミン製剤

不足しているドーパミンそのものを増やしてしまおうという薬ですが、実は良いことだけではなく…。

ドーパミン製剤を3ヶ月以上続けてしまうと、以前よりも症状が悪化したり薬の持続時間が短くなるなどの副作用が出始めてしまうのです。

そのため現在では、あまり積極的に使われない傾向にあります。

 

上記2つの薬が効かないときは…

説明してきたドーパミンに関する薬を服用しても効果がイマイチ見られない場合には、抗てんかん薬が処方されます。

むずむず脚症候群の原因とされている神経に作用する薬で、不眠症状に用いられる場合や脚の痛みを鎮める効果が期待できます。

 

むずむず脚症候群のマッサージ法とは?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

むずむず脚症候群の症状が出たときに、少しでも不快感を抑えるために有効なのがマッサージです。

主にツボを刺激しながらのマッサージとなるのですが、気になるときや時間のあるときにやってみてください。

では、効果的なツボについて順番に説明していきますね。

  • 足三里…ひざよりも指4本分下の位置にあり、触ってみると外側にくぼみがあるのがわかります
  • 三陰交…内くるぶし中心部から、親指以外の4本指分上の位置にあります

ツボはゆっくり息を吐きながら、5秒くらいかけて深くゆっくり押していくようにしてください。

ツボを押した後は、両方の手のひらで包み込むように撫でて刺激を和らげていきましょう。

 

むずむず脚症候群は完治するの?

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

むずむず脚症候群にかかった場合、やはり一番気になるのは「完治するのか」ということですよね。

大丈夫です、良い医師から正確な診断を受けて適切な治療をおこなえば、じきに完治していくことが期待できます。

ただ、それは非常に個人差が大きいのが問題なのです。

治療を受けていて何ヶ月かで治ってしまう人もいれば、数十年苦しむ人もいます。

自分自身でも生活改善をしてみたり、信頼できる医師に出会えるまでセカンドオピニオンを受けたり様々な工夫をしていく必要はあるでしょう。

Sponsored Link

まとめ

むずむず脚症候群 原因 症状 対処法

いかがでしたか?

本来は中年期以降に多くみられる病気のむずむず脚症候群ですが、子供や妊娠中の女性もかかりやすいなど新たなことがわかってきましたね。

また原因もハッキリはわからないものの

  • 遺伝
  • 鉄不足
  • 薬の副作用
  • 一部の持病

これらが引き金になることが有力視されています。

むずむず脚症候群の完治を目指すためには、症状に詳しい医師の診断を受けて投薬治療などをしながら一歩一歩治していくことが大切なのです。

症状とうまく付き合いながら、QOLの質を保つことも重要だということてすね。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

みんなの睡眠では、質の高い睡眠をとっていただけるように、また睡眠の悩みを解決できるように睡眠障害や睡眠についての経験、知識を元に記事を書いています。

もし、参考になりましたら気軽にいいねやRTでの拡散をお願いします。

Sponsored Link